スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りだ!コメントお休みしています

IMG_2681_convert_20100815224522.jpg
おっとの ご両親の故郷、徳島に行ってきました。

この橋は いやのかずら橋。
ちょっとしたアトラクション気分で 渡る必要があります。
 
入り口で、渡れないと引き返してきた他のお客さんから、切符を頂いて
(ラッキー!)
いざっ

この橋を渡るのは2回目ですが、今回は子供も一緒。雨も降っていて
とっても怖かった・・・

後からママが一番怖がってたね~って言ってたけど、違うよ。
君たちが落ちないかとめっちゃ不安だったんだよ・・・



そして、
IMG_2700_convert_20100815224635.jpg
この兵児帯と一緒に結っている 黄色の帯は手作りしました。

最近はやりのオーガンジーやシフォンの重ね帯を意識して・・・
買うとけっこうするので。

ちなみに浴衣も一昨年に作りました。小さくなってたので今年が最後かな。


さぁいざ、阿波踊りへ!
IMG_2723_convert_20100815224841.jpg
さすが日本の有名なお祭りの一つでした。

その場にいてるだけで楽しいっ
子供たちは飽きることなくず~っと見てました。

京都に比べて、周りのビルの低いこと低いこと・・・
なので圧迫感が無いし周りの山も(眉山)見えるし、その景色の間を
赤と黄色のちょうちんが ずら~っと並んで 川の向こう側でも、踊りが見れて
こちら側でも踊ってて、またすぐ隣の通りからも踊り子さんたちが・・・
別世界でした。

IMG_2717_convert_20100815224938.jpg

そうそう、青いはっぴで背中に「祭」と書いてあるのは良く見ますよね?
 
こちらでは 「踊」でした!

スポンサーサイト

Comments

コメントはしばらくお休みします

Re: No title

確かに私、渡ってるときに一度も手を離さず、ズリズリずらして渡ってました。
だって、子供たちが落ちそうになったとき助けれないですからっ
・・・まだ言い訳してます。


20年近く経ってるなんて、数えてみてびっくりですね!
まだまだ~i-278

No title

かづら橋、私も数年前に行った事あります。私は、普通に景色を楽しみながら渡ったのですが、主人は、微妙に手足が振るえ、写真を撮る時も橋の縄を握り締めて撮ってました。
T家で一番怖がっていたのは、子どもたちいわくママでしょう!!ママと友達暦20年近い私も、そう思いますよ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。